鍼灸 中国を起源とする数千年の伝統医療。経験医療であり、生活環境に影響を及ぼす原因を内部、外部から求め、一定のバランスが破綻することで症状が発現すると考える。はり、お灸とも施術部の筋肉の緊張、血流の改善が証明されています。また、自律神経の調整にお試しください。

〇鍼の効果
1.調整作用
興奮や鎮痛の調整をはかります。神経機能の低下や、内臓器官の機能が落ちている場合、興奮させる作用であり、逆に、痛みや痙攣のように機能が興奮しすぎている場合は沈静させる作用です。
2.誘導作用
患部または離れた部位への刺激で、患部の血量を調整する作用です。
3.鎮痛作用
鍼の刺激により、もともと身体に備わっている痛みをコントロールする働きが調整されて、痛みの刺激を感じにくくなるといわれています。
4.防衛作用
鍼の刺激により自律神経のバランスが調整されることで、白血球を増加させて免疫機能を高める作用があります。また、身体をいろいろな症状から治そうとする働き(自己免疫力)を促す働きがあります。
5。消炎作用
鍼治療により白血球の数が増え、施術した部位に白血球が集まり、炎症を鎮めます。
6.転調作用
自律神経失調症や、アレルギー体質を改善して、体質を改善する作用です。

〇お灸の効果
お灸の効果は一般的に3つ、造血作用、止血作用、強心作用
造血作用:赤血球を増やし血流を改善する。
止血作用:血小板に働きかけ治癒を促進する。
強心作用:白血球を増やし免疫力を高める。
艾の有効成分はシネオールという精油成分で、艾の原料となるヨモギのほか、ユーカリなどに含まれる成分、強力な消毒、殺菌、鎮静、鎮痛効果があるとされます。

商品一覧へ戻る
  • ハリキュウリハビリアライ
    はりきゅうリハビリ荒井
  • 〒130-0004
    東京都墨田区本所1-26-4 3階地図で見る
  • 03-6874-3233
  • 駐車場なし

Copyright はりきゅうリハビリ荒井 All Rights Reserved.